Blue Flower

    こんにちは、@opt_Hohenheimです。

    きょうは、CloudStack4のインスタンスにクラウドストレージ(owncloud)環境を

    入れてみようと思います。

 

 1.CloudStack4のリソース状況を確認する

 CloudStack4のリソース状況4 

 

    ダッシュボードでリソースの空き状況を確認します。

    今回使うのは、メモリ2Gbyte CPU 2GHz ディスク100Gbyteくらい使いますので

    そのくらいの空きがあればいいです。ストレージ容量をたくさん使う方は、適宜

    変更してください。

 

 2.CloudStack4のisoテンプレートにcentos6を登録する

    次に今回クラウドストレージ環境をインストールするインスタンス用のisoテンプレートを用意します

    ここでは、CentOS6を用意して対応します。

    isoイメージは、たとえば、理研のリポジトリを使います。

 

    次のように準備完了になればOkです。

 

 

 3.登録したisoテンプレートのcentos6をもってインスタンスをデプロイする 

 

    2.で登録したisoテンプレートをもって、メモリ2GByte CPU2GHz ディスク100Gbyteにて

    仮想マシンのインスタンスをデプロイします。

    デプロイ後、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0のファイル内

    onboot=noをonboot=yesに変えて以下のコマンドを実行します。

 

    ついでに以下ののpingが通ることを確認しておきます。

# service network restart
# ping www.yahoo.co.jp

 

 4.デプロイしたcentos6のインスタンスにクラウドストレージ環境をインストール

    それでは、CloudStack4で払い出したcentos6のインスタンスにクラウドストレージ(owncloud)をインストールしましょう。

    CloudStack4で払い出したcentos6のインスタンスにloginして、以下の手順でOkです。

# yum upgrade -y
# yum -y install wget
# yum -y install epel-release
# cd /etc/yum.repos.d
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi.repo
# cd /etc/yum.repos.d/
# wget http://download.opensuse.org/repositories/isv:ownCloud:community/CentOS_6/isv:ownCloud:community.repo
# yum -y --enablerepo=remi,remi-php56 install owncloud mysql-server php-mysql
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on
# service httpd start
# service mysqld start
# service iptables stop
# chkconfig iptables off
# mysql -u root
mysql> CREATE DATABASE owncloud;
mysql> GRANT ALL ON owncloud.* to 'owncloud'@'localhost' IDENTIFIED BY 'owncloud';

 

   5.デプロイしたインスタンスのポート設定

    ポート転送ですが、管理用にsshポート22とowncloudのマネージメントコンソールポート80を設定します。

    筆者は、ポート転送とファイアウォールの2重設定が面倒だったので、以下のAndroidアプリで設定しました。(筆者の都合ですいません)

CloudManagerAdvance絶賛発売中!!

 

    このアプリでPortFoward設定すると自動でファイアウォールも設定してくれます。

     CloudStack4のコンソールでも設定出来ますので、そちらでも結構です。

    その場合、ポート転送とファイアウォールに22番と80番を設定します。

 

   6.クラウドストレージ(owncloud)のコンソールにアクセスする

    ネットワークのポート転送等を設定したNATのIPアドレスに対してブラウザで以下のアドレスにアクセスをします。

http://[IPアドレス]/owncloud

 

    すると、以下のコンソール画面が表示されます。

owncloud初期画面1

    初回だけ、管理アカウントの設定になります。

    設定するとloginされ、以下の画面が1度だけ表示されます。

    PCとスマートフォンのクライアントアプリの案内です。

 owncloud初期画面

 

 以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


CloudManagerAdvance 2.2 以上
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る